たべほうだい赤王

たべほうだいあかおう

スイカ 大玉

シャリ感に富み、食味の良い3倍体大玉スイカ

たべほうだい赤王

青果出荷用シール

たべほうだい赤王

基本情報

品目 スイカ
品種名 F1 たべほうだい赤王[たべほうだいあかおう]
タイプ 大玉・縞皮・赤肉・3X種
糖度 12~13度
果形 正球型
果重 7~8kg
最適作型 ハウス〜トンネル栽培向き
草勢 初期[強]交配期[強]収穫期[強]
積算温度 1,000℃
低温適正
高温適正
低温着果性
担果力
肉質
糖度上がり
発色
日持ち

品種特徴

○果実は正円球によく揃い、果重は3本整枝1果収穫で7~8 kg 。
○種無し(三倍体)スイカのなかでも特に食味に優れ、シャリ感に富み、肉質のよく締まった大変美味しいスイカ。
○糖度は12~13度、日持ち性にも優れた品種。
○着果性に優れ、変形果の発生が少ない品種。また、空洞果の発生が少ないため、カット売り用の品種としても有望。

栽培方法

○三倍体スイカですので、発芽のための床土温度は普通種よりもやや高めに設定します。良好な発芽を促すには設定温度を30~32℃とすることで発芽が安定します。

○着果には花粉用(普通、二倍体)品種が必要です。虫媒交配では本品種を2に対して花粉用に普通品種を1の割合で混植します。花粉用には、外観で三倍体品種との区別が可能な品種が適します。※黒皮品種の「くろあま」などが区別しやすくお勧めです。

○3本1果収穫、あるいは4本2果収穫の栽培に適します。着果位置は子づるの第18~20 節(3番花)を目標とします。

栽培上の注意点

○草勢が強く、側枝の発生が旺盛な品種です。子づるから発生した側枝は着果節までは全て摘除し、その後は草勢をみながら放任あるいは摘除とします。

○生育期間を通して草勢をややおとなしめに管理することで、着果不良や変形果の発生が抑えられます。着果後は順調な玉肥大を促すため、急激な草勢変動のもととなる、過潅水や極端な潅水制限は避けてください。

○熟期は7月収穫で48~50日が目安ですが、気候や栽培条件により前後しますので、熟期判定には必ず試し切りを行ってください。

○果実成熟の緩慢な作型では、着色シイナ(茶色のタネ)が発生する率が高くなるため、作型の選定には注意してください。種無しとしての品質を重視される場合、7月以降の収穫を推奨します。


PDF版資料(0.91MB)

栽培適期表(近畿標準)

栽培適期表(近畿標準)

規格・価格

規格(詰量) 税抜価格 税込価格 通販取扱
100粒 7,500円 8,100円
小袋(8粒) 950円 1,026円

(表示価格は参考小売価格です)
種をお買い求めのお客様は、お近くの種苗店もしくは農協へお問い合わせ下さい。

種苗店検索はこちら

販促ツール

この品種を見た人はこんな品種も見ています

「大和農園 オンラインショップ」はこちらをクリック